人気ブログランキング |

カテゴリ:通院( 9 )

膠原病内科の通院日

さて、滞っていた通院記録など体調面のブログをぼちぼち更新していきます。
(本当はリアルタイム更新したいのだけど)

まずは膠原病内科。
7月初めに受診してきました。
7月といえば。
そう、特定医療疾患受給者証の更新手続きです。
先生曰く、すぐ書くから!とのことでしたが、自宅に届いたのは8月過ぎてから。
大学病院って何なんすかね。
決裁とか色々あるのかな。
先生が記入した日は来院した日になってるし先生の言ってることは合ってると思うんですよね。
遠い昔ですが、こんなにシステマチックになっていなかった時はその日に書いてくれて会計時にもらっていたのになあ。

さてと、体調はと言うと、貧血が進んでおりました。
なんか息切れするとは思っていたのです。
運動不足のせいだと自分に言い聞かせていました。
とりあえず1カ月増血剤を飲むことになりました。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):9.8
・尿蛋白:-
・CRP(0.30以下):0.06
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):51.6
・C4(13-35):7.4
・抗DNA抗体(6以下):10
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.72
・Dダイマー(1未満):0.7
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠(7mg)
・タクロリムス錠(3mg)
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠



by merhaba-aya | 2019-08-29 20:25 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

4月まで遡りますが膠原病内科の通院記録です。

以前は1カ月に1回の通院だったのが最近はさりげなく2カ月に1回にしてもらっています。
主治医が良いって言うもんだから。

今回はゴールデンウィーク前ということもあって午前中に近所の皮膚科と片頭痛外来、午後から膠原病内科と病院デイのため1日有給を取りました。
ちなみに片頭痛外来と膠原病内科がある病院は電車で20分くらい。
せっかくなので平日ランチでも楽しもうかと思っていたのに以外と片頭痛外来が混んでて行きたかったお店に行けず…。
病院についてるローソンで味気ないランチとなってしまいました。
でも昔は病院にローソンなんてなくていかにも病院の売店って感じのものしかなかったので、この病院も変わったものだなあしみじみ思いました。
(昔はめちゃくちゃ汚かったけど新しい病棟が立ってほんと綺麗になったんですよ!)

さてさて、本日の検査結果。
相変わらず横ばい。
良いことです。悪化していなければ。
主治医にゴールデンウィークは海外旅行に行くと一応報告しました。
10連休かあ、いいなあ。
病院は連休中もやってるんだよ。
羨ましいなあ。
と主治医の嘆きに何とコメントしたら良いか分からないまま診察終了。
くれぐれも無理はしないように、とのお言葉を頂きました。。。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):10.4
・尿蛋白:-
・CRP(0.30以下):0.02
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):45.9
・C4(13-35):3.7
・抗DNA抗体(6以下):8
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.49
・Dダイマー(1未満):1.1
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠(7mg)
・タクロリムス錠(3mg)
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠


by merhaba-aya | 2019-05-17 23:32 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

そういえばすっかり忘れていましたが、2月に膠原病内科に行ってきました。
ちょうど三連休前の金曜日の午後だったので、「午後休取って連休と合わせてどこかにお出かけですか?いーないーな」と同僚に羨ましがられたのを思い出しました。
いやいや、野暮用で、と返答した記憶があります。

検査結果は概ね横ばい。
プレドニンの減量はなし。
ちなみに今後減らしていくとしたらどれくらいの時間をかけて、と言いかけたら被せるように「年単位だねえ」と先生に言われてしまいました。
「焦らずゆっくりいこう」との励ましをもらって診察終了。
ちょっと聞いてみたかっただけだよ。。。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):10.4
・尿蛋白:生理中?のため未検査
・CRP(0.30以下):0.03
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):45.1
・C4(13-35):2.2
・抗DNA抗体(6以下):7
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.55
・Dダイマー(1未満):0.8
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠(7mg)
・タクロリムス錠(3mg)
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠


by merhaba-aya | 2019-03-19 19:27 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

昨日は膠原病内科の通院日でした。
師走とあって激混み。
病院入ってまず目に飛び込んできたのは夢の国のアトラクション並みに混んでいた会計。
数時間後に私も並ぶのかと思ったらゾッとしました。

採血採尿を済ましたらあとはひたすら待つのみ。
診察室に呼ばれたのは3時間後。
本1冊読み終えてしまいました。

確か年末はいつも調子悪いんだったっけね?と先生。
そうなんです、なんとも言えず身体がだるくて。
でも毎年こんな感じだし会社休むほどではないし、といつもの報告。
あと、前回の通院日に今度婦人科でミレーナを装着するという話をしていたので、その後どうなった?と聞かれました。
ミレーナ装着後1回しか生理がきていないが出血量が格段に減ったので、貧血が良くなっているかもしれません!と高らかに報告しました。
片頭痛に関しては生理との因果関係を判断するにはもうしばらく様子を見る必要があるかもしれませんと伝えました。

じゃあ検査結果を見てみよう!とワクワクして見たら、あれ、貧血が改善されていない。
何ででしょう?と思わず聞いてしまいました。
何だろうねえ、と先生。
原因分からず。

検査結果は全体的に横ばい。
SLEの病態も悪化しているわけではなさそうだね、と言われたので、プレドニン減量を提案してみたらいいよーと言われたので晴れて7.5mg→7mgに!
ただ、7.5mgだとキリがよくて飲みやすくて楽だったんですよね。
でも嬉しい!

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):10.3
・尿蛋白:-
・CRP(0.30以下):0.03
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):48.6
・C4(13-35):4.7
・抗DNA抗体(6以下):7
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.50
・Dダイマー(1未満):0.9
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠(7mg)
・タクロリムス錠(3mg)
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠

プレドニンも減ったし今年もめげずに通院したし、ってことで帰りに食べたかったお菓子を購入。
何かにつけてご褒美と称してお菓子を買ってしまう。

膠原病内科の通院日_e0381062_18045628.jpg


by merhaba-aya | 2018-12-18 18:04 | 通院 | Comments(2)

膠原病内科の通院日

おとといは膠原病内科の受診日でした。
と同時に前回循環器内科を受診した際にオーダーした心エコーの検査も受けてきました。
なるべく無駄な待ち時間がないようにしようとしましたが結局待ちました。
まあそういうものです。

心エコーは女性の技師さんだったのでホッ。
寒かったら言ってくださいねと言われたのですが、ちょっと寒かったけど言えず…。
こういう時言えないんですよね。
自分の意志を主張できる人が羨ましい…。
息を吸って吐いて止めて、を繰り返すこと1時間。
最後の方ウトウトしてしまって技師さんの声が大きくなっていた気がします。
ごめんなさい。
でも特にお咎めなく終了。
そのまま循環器内科で心エコーの結果を聞きました。
異常なしとのこと。
じゃあもう来なくていいですね!と笑顔で言ったところ、まあ定期的に検査はした方が良いと思いますけどねえ、と先生。
分かりましたー!(心の声:もう来ないけどね)と診察室を後にしました。

その後膠原病内科での診察。
循環器内科に行ってる間に呼ばれちゃったかなとハラハラしましたが無問題。
何ならそこからしばらく待ちました。
海外旅行に行ってまた体調を崩したことを報告し、婦人科で生理異常を治療することを報告し、終了。
SLEの病状は横ばいとのことで引き続きプレドニンの量はこのままでいきましょうですって。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):11.0
・尿蛋白:±
・CRP(0.30以下):0.02
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):50.2
・C4(13-35):6.4
・抗DNA抗体(6以下):8
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.69
・Dダイマー(1未満):1.2
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠7.5mg
・タクロリムス錠3mg
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル

更新後の特定医療疾患受給者証を使ってお会計。
負担額が減ってほんと良かった。
あの制度を知らないままだったら今年も倍の医療費を支払うところでした。

結局今回も1日がかりで会社を休む羽目になってしまいました。
ああ、貴重な有給よ。


by merhaba-aya | 2018-10-28 21:15 | 通院 | Comments(0)
先月の健康診断の翌週、膠原病内科の通院日でした。
今回は循環器内科の診察も併せて予約したので一日がかりです。

なぜ循環器内科かと言うと、実は私、SLEを発病するもっと昔、生まれた時に心室中隔欠損症と診断されていたのです。
穴と位置と大きさから、まあ手術はしてもしなくても、とのことで1年に1回定期検診に行けば良かったのです。
その後、12歳の時に心内膜炎にかかったのをきっかけにSLEであることが判明したわけですが、せっかくだから手術しましょうと言うことになり、その2年後に手術をすることとなったのです。

術後はきちんと定期検診に行っていたのですが、社会人になったあたりから自然と足が遠のいていきました。
5年ほど前にふと、膠原病内科の担当医に「心臓の方は行ってる?」と聞かれ、もう行っていないと言ったところ怒られてしまいました。
だって毎年健康診断で胸部レントゲン撮ってるし、と思っていたのですが…。

それで慌てて予約して循環器内科にかかったのが5年前。
その時、これからも定期検診はした方がいいのでしょうか?と聞いたところ、「5年に一度受診したら優等生と言えるでしょう」と言われたので、私は優等生じゃなくていいもん!と強い気持ちでいたのですが、前回の膠原病内科の受診時に担当医から「そろそろ心臓の方は5年経つんじゃないかい?」と言われてしまったのです。

という経緯で、今回は循環器内科と膠原病内科のダブル受診となったわけです。
先週受けたばかりだなと思いながら胸部レントゲンと心電図検査を受け、診察へ。
異常なし、と言われたので、毎年会社の健康診断もあるのでこれで受診するのは最後にします!と高らかに宣言したら、じゃあ念のため心エコーをとりましょうと言われてしまいました。
午後の膠原病内科の診察まで時間はあったので、いいですよ〜と快諾したのですが、別途予約が必要とのことで、しかもずいぶん先まで予約済みとのこと。
また会社休まないといけないんですね…と思わずグチをこぼしてしまいました。
なんとか次回の膠原病内科の受診日と同日の予約が取れました。

これにて午前中の循環器内科の診察は終了。

午後の膠原病内科受診につづく。


by merhaba-aya | 2018-09-09 23:31 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

今日は膠原病内科の通院日でした。
嘘です。
7月始めの話です。
レベル10の偏頭痛発生前の話です。

夏はいつも調子悪いって言ってるけどどうだい?と主治医に聞かれ、まさかこんなに酷暑になるともまたレベル10の偏頭痛が起こるとも思ってなかったので、概ね順調です、と答えてしまいました。
だってその時はこんな事になるとは思っていなかったから。。。

骨の薬と鉄剤をサボっていることを陳謝して診察終了。
骨の薬は忘れたと思ったら次の日に飲めばいいんだよ、とごもっともな意見を頂きました。
先生、分かっています。
鉄剤は、今回ヘモグロビンの値がギリギリ基準値になってきたので生理の時だけ飲んでみたら、とのことでした。
喜んで!
プレドニンは現状維持のままだそうです。
残念!

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  
・ヘモグロビン(11.5-15.0):11.3
・尿蛋白:−
・CRP(0.30以下):0.02
・CH50(30-50):<14.0
・C3(65-135):45.6
・C4(13-35):4.7
・抗DNA抗体(6以下):7
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.4
・Dダイマー(1未満):1.6
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠7.5mg
・タクロリムス錠3mg
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠(月1回)

今回は医療受給者証更新のための書類を書いてもらうために受付に提出したところ、1カ月以上かかります、と言われ、1カ月もかかるんですか!!と予想以上に大きな声が出てしまいました。
いつもは1週間くらいで郵送されてくるのに何ででしょう。

更新書類は毎年郵送でお役所に提出していたけど今年は窓口に持って行かないといけません。。
めんどくさいなあ。


by merhaba-aya | 2018-07-22 18:10 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

今日は膠原病内科の診察日でした。
今日はいつもより混んでおりました。
待ちくたびれた〜。。

例の偏頭痛は時々起こるものの身体がダルいくらいで概ね順調です、と伝えました。
主治医はふむふむ、と。
プレドニン減量を提案してみたけど却下。
まだ7.5mgでいきましょう、ですって。

ヘモグロビンの値が下がってきているので今回は鉄剤が追加になりました。
いつも、下がってきたら飲む→基準値になったら飲むのをやめる→また下がってきたら飲む
の繰り返しなんですが、貧血ってこういう対症療法で良いのでしょうか。。
といつも疑問です。。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  ※一部抜粋
・ヘモグロビン(11.5-15.0):10.2
・尿蛋白:+−
・CRP(0.30以下):0.01
・抗体価(40未満):1280
・IgG(870-1700):2299
・CH50(30-50):<10
・C3(65-135):50
・C4(13-35):6
・抗DNA抗体(6以下):8
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.3
・Dダイマー(1未満):1.52
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠7.5mg
・タクロリムス錠3mg
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠(月1回)
・フェログラデュメット錠 ←今回追加

鉄剤は服用すると気持ち悪くなるし、便は真っ黒になるし好きじゃないんだよな〜。

今日は診察だけでなく薬局も時間がかかり、午後からの出社時間がギリギリになり焦りました。
最寄り駅から走ったけど久しぶりに走ったから他人からは歩いているように見えたかも。


by merhaba-aya | 2018-03-23 20:45 | 通院 | Comments(0)

膠原病内科の通院日

昨日は膠原病内科の通院日でした。

例のごとくとにかく待ちました。
疲れました。

昨年12月に体調崩してからその後どう?と聞かれたので、一日中寝込むほどではないけど倦怠感は続いていて仕事と家の往復で精一杯です、と答えました。

血液検査の結果を見てみると特段悪くなってる様子はない。横ばいですね、とのことだそう。
プレドニンは減らさず現状維持で。
悪くなってないなら良しとしよう。

○本日の血液検査結果(カッコ内は基準値)  ※一部抜粋
・ヘモグロビン(11.5-15.0):11.4
・尿蛋白:+−
・CRP(0.30以下):0.01
・抗体価(40未満):1280
・IgG(870-1700):2259
・CH50(30-50):<10
・C3(65-135):59
・C4(13-35):6
・抗DNA抗体(6以下):7
・ループスアンチコアグラント(1.3未満):2.1
・Dダイマー(1未満):1.49
・カルジオリピン抗体(3.5以下):>125

○お薬
・プレドニン錠7.5mg
・タクロリムス錠3mg
・バイアスピリン錠
・タケキャブ錠
・ムコスタ錠
・エディロールカプセル
・ボノテオ錠(月1回)

診察終了後ランチへ。
久しぶりに大好きな湯葉うどんを食す。
膠原病内科の通院日_e0381062_14291415.jpg


家に帰りたい気持ちをグッと抑えて午後から出社。
仕事も多少バタバタして疲れました。。
今週はなんか疲れたなあ。

by merhaba-aya | 2018-01-27 14:28 | 通院 | Comments(2)

全身性エリテマトーデス+抗リン皮質抗体症候群を患っているごくごく普通の30代女性のごくごく普通の日常を


by aya